大きい巣を作るキイロスズメバチの駆除は専門業者を利用しよう

小さくても危険で獰猛な蜂

一軒家

キイロスズメバチの特徴を知っておくことで、対策や駆除に活かすことができます。日本には多くのスズメバチが生息していますが、キイロスズメバチはその中でも最も体が小さいスズメバチです。体が小さいので他のスズメバチよりも危険がないと思っている方も多いようですが、そんなことはありません。他のスズメバチよりも大きな巣を作ることで知られていて、数が多いのでとても厄介な蜂なのです。女王蜂は体長3センチ近くあり、働き蜂は2センチほどです。名前の通り見た目が黄色なのですが、飛んでいる時は赤っぽく見えることもあるので、一部の地域ではアカバチなどと呼ばれることがあるようです。キイロスズメバチは他の蜂に比べると気性が荒く、凶暴なことが知られています。スズメバチの中で最も小さいとされているキイロスズメバチも同じで、とても凶暴で攻撃的です。巣に近づくとすぐに反応を示して巣から出てきます。一匹や二匹ではなく、巨大な巣から無数の蜂が出てくるので大変危険です。駆除をしようと近づくと多くの蜂が出てくるので、巣に近づくことさえできません。巣の形はとっくりのような形をしているので、すぐに気づくことができるでしょう。地中に巣を作るタイプの蜂ではないので、早めに駆除をすることができます。駆除の際に襲われない為に細心の注意を払わなければなりません。専門の用具を使用して駆除してくれる専門業者に依頼をするのが一番良い方法といえます。いろいろな業者が存在するので、調べてみましょう。