大きい巣を作るキイロスズメバチの駆除は専門業者を利用しよう

小さくても危険で獰猛な蜂

一軒家

キイロスズメバチは日本にいるスズメバチの中でも最も小さい蜂とされています。獰猛さは他の蜂よりも高くなっているので注意が必要です。地中に巣を作るタイプの蜂ではないので、早めに駆除をすることが可能です。

More Detail

攻撃的な時期を知っておく

メンズ

キイロスズメバチが活発になるのは5月から9月の夏の間です。レジャーシーズンなので、外出先でも注意が必要になってきます。巣を見つけたらすぐに業者に依頼をして駆除をしてもらいましょう。

More Detail

日本に生息する蜂の種類

作業員

日本には多くの蜂が生息しています。なかには人を刺すことがない蜂もいるのですが、毒針を持っていて非常に危険な蜂も多くいるので覚えておくと良いでしょう。なかでもミツバチ、スズメバチ、アシナガバチの三種類の被害が多いので、どういった蜂なのかを覚えておきましょう。ミツバチは養蜂などに使用される蜂として有名です。人間の役に立っているといえる蜂ですが、毒の強さでは蜂の中でも最も強いものとなっています。アシナガバチはその名の通り足が長いのが特徴の蜂で、攻撃的な一面を持っています。三種類の蜂の中で最も危険とされているのがスズメバチです。スズメバチにはオオスズメバチやキイロスズメバチといった種類が日本に生息しています。凶暴で毒性が強い毒針を持っているので、最も注意すべき蜂だといえます。キイロスズメバチは日本全国に生息しています。軒先や家の屋根などに巣を作ることが多いので、キイロスズメバチの被害が多く報告されています。しっかりと駆除をしなければ大事に至ります。キイロスズメバチや巣を見つけたら、迅速に駆除をして被害を出さないようにしましょう。素人が駆除をすると大変危険ですので、専門の業者に依頼して駆除をしてもらいましょう。キイロスズメバチは一つの巣に大量の数が生息しています。刺激を与えると大群で襲いかかってくるので、できるだけ刺激せずにやり過ごしましょう。キイロスズメバチに限らず、蜂を見かけたら近づかないように心がけましょう。

正しい駆除業者に依頼する

ハチ

キイロスズメバチの被害が都会でも多く見られるようになってきています。自宅や近所に出没する場合はすぐに専門業者に駆除してもらいましょう。良い業者ならば24時間対応してくれます。比較して依頼しましょう。

More Detail